金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

川中商事の部門について

川中商事は、東京都中央区の築地に本社を置く企業で、所属グループの100%子会社といった位置づけになります。
支社や工場などが日本全国に展開されており、川中「商事」と呼ばれるだけあって、商事関連ビジネスに非常に大きなアドバンテージを持っています。
何度も様々な企業と合併を繰り返すことで成長を果たし、海外(主にアジア圏)ではかなり大きな影響力を維持しているといっても過言ではないでしょう。

そんな川中商事ですが、複数の部門に分かれているのが特徴です。

まず挙げられるのは、「金属加工部門」で、最新鋭の技術力をいかし、クオリティの高い製品を扱っているのが特徴です。
フレキシブルプリント基板向け圧延銅のような特殊性溢れる製品についても取り扱いをしています。

そして「化学品部門」もあり、ここでは数多くの種類の化学品を用意しており、機能化学品の提案についても可能としています。
基礎化学品は硫酸など、機能化学品は緑茶抽出物、ヨウ素なども扱っています。

また「原料リサイクル部門」が置かれているのも特徴で、様々な電子機器などを再度資源として活用すべく活動を行っており、再資源化されたものについては再度工業製品作りの際に活用されます。
リサイクルへの取り組みは川中商事だけではなくて、全世界的に取り組みが為されていますが、ISO14001認証を取得している点も評価ポイントだといえます。

「新素材部門」は、あらゆる業界で使用される希少価値のある素材を各企業に提供しています。
また今まで存在しなかったような素材の開発も行っており、エレクトロニクス分野でも相当な活躍ぶりを発揮しています。
川中商事は多くの経験、積み重ねてきたノウハウがありますので、クライアント企業が本当に望んでいる素材を開発することができるでしょう。

他には「表面処理部門」もあり、ファインケミカルに関する事業も行っています。
表面処理というのはかなりのクオリティの高さが求められますが、川中商事は高い技術力を有していますので、安定的に供給し続けることが可能です。

また「海外部門」も備わっているのが大きな特徴です。
日本国内のみならず海外においても日本と同じ水準のサービスを提供することができ、世界中のあらゆるところにある企業の支持を受けています。

川中商事には以上のような部門があります。
それぞれすべてが驚くような技術力を有しているのがポイントでしょう。