金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

各部門について

川中商事株式会社はコア事業として7つの事業に取り組んでいます。

この7つの事業を少し紹介したいと思います。
産業機器部門には物流加工機能があり、ITとロジスティクス機能を兼ね揃えています。
幅広い商品ラインナップの中から顧客が求める商品を提供するだけではなく、商品の在庫管理や配送機能も持ちあわせているので、非常に迅速な対応を可能としています。
時には納品する前に加工が必要になる商品なども発生しますが、その場合でも最短で1日で組み立てることも可能です。
そのためこれまであらゆる場面で求められてきた納期の短縮化を実現させています。

また産業機器部門ではこれだけではなくエンジニアリング機能もあります。
これは業界トップクラスの商品数を誇る川中商事だからこそできる製造ラインのワンストップ化によって、非常に効率よく無駄のない生産環境を整えています。
設備提案に関しても投資対効果が非常に高く顧客の求める環境を実現させています。

工業機械部門では生産ラインが無駄なく効率よく最適に稼働する提案を行っています。
トレーディング機能として新商品の研究と開発を行い国内だけではなく海外に広がっているネットワークを生かしたサポート体制も兼ね揃えています。

環境問題に密接にかかわる住設・管材・空調部門では、太陽光発電システムをはじめとするエンジニアリング力をフル活用しています。
川中商事には長年の経験をもとにした豊富な知識と情報があり、これらを駆使することでこれまでになかった新しい商品の開発につなげています。
また普段生活している環境や毎日働く職場の環境など、トータル的なコーディネートも行いより良い生活スタイルを多くの人に提供できるような活動を行っています。

これに合わせて建築・エクステリア部門では大型施設やビル、マンションなどに関わる商品を展開しています。
安心して生活できる環境を提供するために施工までを一貫してサポートしていることで多くの人から信頼を集めています。

また建設機械部門では時代の変化に合わせるように、その時その時に必要になってくる最新鋭のレンタル商材を提案しています。
今の時代が求めるものはやはりスピーディでありながら安全性の高いものです。
また地球環境を守るための省力化、環境保護についての意識も持ちあわせる必要がでてきます。
安全性では絶対に他には負けない国産の機械や機器をグローバルに販売することで世界中からの信頼を得ているのではないでしょうか。

それからエネルギー部門もやはり環境問題が直結します。
低炭素社会である現代、安定したエネルギー供給を目的として日々活動しています。

そして毎日の生活につながる消費財・木材部門は昔に比べ多種多様となった製品ニーズに対応できるような取り組みをしています。
誰もが毎日を快適に送ることができる環境を整えることは、結果的に企業の繁栄にもつながり環境にも優しくなります。