金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

神奈中商事の事業部とエネルギー部の活動

神奈中商事は神奈中グループの商事会社です。昭和26年9月の設立以来、神奈中商事は増資や社名変更や合併などを経て現在の事業内容になりました。神奈中商事の事業は部品部と不動産工事部、事業部とエネルギー部の連携によって行われています。
神奈中商事の事業部は外商部門と事業部門があります。外商部門では身近で頼れるサプライヤーとして様々な供給事業を展開しています。
主な取引先である神奈中グループの各社のニーズに応えるための、法人向商品の紹介や調達活動や納入が行われています。切れないほどの数のアイテムを取り扱っており、どのようなものでも相談に乗りながら調達をしてもらえるようになっています。
また、事業部では話題の「プロポリス」健康食品の総代理店になっており、法人や個人を対象として販売も行われています。

神奈中商事ショッピングモール – かなちゅうこだわり.com – を開設し、事業部ではホームページ上でインターネット販売も行われています。
事業部での取り扱い商品例は、コピー機、パソコン、ファックスなどのOA機器や事務用品やプロポリスなどの健康商品、化粧品類や贈答品や記念品、そして、新型インフルエンザ関連商品などもあります。

事業部門では、コインランドリーの経営や神奈中バス関連のバス車内外清掃事業やバス停留所維持管理事業が行われています。また、新規事業の計画立案や実施運営も行われています。
有休地を利用したコインランドリーやクリーニングの複合店の出店活動なども行われています。

この商事のエネルギー部では、神奈中グループ関係会社などに燃料や潤滑油を供給する業務を中心として事業活動が展開されています。
この部では、地域社会において安心安全な公共輸送ネットワークに対するエネルギー供給を行い、JXエネルギー株式会社であるエネオス(ENEOS)の特約店として、直営のサービスステーションを3店舗運営しています。
そして、有力販売店への卸売業や、地域のカーライフサポート、製造工場や病院、ホテルなどへのエネルギー供給などが行われています。

この部では、地域へのエネルギー供給を通した社会貢献が行われ、環境にフレンドリーな低炭素社会を実現するためのホームエネルギー商品の販売も行われています。
ホームエネルギー商品の販路拡大については、今後のエネルギー部の重点業務活動として位置づけられ、より環境に配慮した企業活動をサポートするための活動が展開されていく予定とされています。