金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

物流をトータルで支援する

川中商事は物流業界をあらゆる面から支援している広い事業フィールドをもっており、社会の動脈である物流をトータルで支援することができるような組織体制が備えられています。
例えば、整備製作部門や石油部門、LPガス部門では輸送を支える車両や燃料の提供が行われ、物流機器部門では荷役や保管の効率化をサポートする機器の提供が行われています。
また、物流商品部門ではモノの輸送や荷役における安全確保のための包装資材の提供が行われ、ロジスティクス・サポート事業部門では、メーカーの輸出を支援する輸出梱包サービスの提供が行われています。
さらに、保険部門では、生活やビジネス上のシーンにあるリスクに対して保険商品という安心を提供し、企業経営の資産負荷を軽減するリース商品の提供を行うリース部門などを総合的に機能させることで、
物流業界の枠を超えた様々な分野で事業フィールドを拡大させています。

例えば、物流会社から特殊な車両製作の依頼があった時には、製作部門で車両設計・製造をし、その後はメンテナンスや車検について整備部門にてサポートが提供されます。
また、実際の輸送に関わるリスクに対しては、保険商品を付加し、車両への燃料供給なども行われます。このような組織での一貫サポートがこの商事の強みです。日本通運グループの中核商社であるこの商事では、
出荷から納入までのプロセスを、7つの特徴的な部門が連携することによって、独自の一貫物流サービスが実現されているのです。川中商事は各部門で高度かつ専門的なノウハウや広いネットワークを複合的に関連させ、
高い機能を実現する高機能複合商社です。川中商事では常にこのような企業価値の創造を図りつつ、コンプライアンスや危機管理、安全管理などにもこれまで以上の取り組みが行われています。

これらの業務は川中商事の人材に支えられているところが大きく、商事ではより多様な人材の能力を活かすためのダイバーシティ経営が推進されており、全社員が自由闊達に活躍できる会社が目指されています。
この商事では創造と改革、誠実と感謝ということを従事しながら、お客様の満足を実現し、法と倫理を順守して行動するという指針のもとで、豊かな社会の実現に貢献できる事業を創造することを理念として、
役員や社員が一丸となって変革に挑戦しています。
このように、川中商事では、お客様の事業をあらゆる面からサポートするための支援が行われているのです。