金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

大森商事の経営理念と社是について

大森商事は岡山市で不動産会社を展開する会社です。そして、代表取締役は宮﨑修明氏、社是は「常に素直・正直・誠実であります」です。
大森商事の経営ビジョンは、幸循環スパイラルの創造となっています。住まいには様々な形があり、マイホームやアパート、社宅などがあります。
そして、これらの住まいは、家族構成や年齢、就学や勤務の状態などの条件に合わせて選択をされます。この商事では、お客様にとって、途切れのない一生涯のパートナーであり続けることが願いであり、
家族のライフステージにフィットする住環境を提供し続けていきたいと考えられています。

この商事では、人々の暮らしの様式に最適な住まいと住環境の提供を継続的に行いながら、生涯設計の節目で幸せ造りのお手伝いをすることが重視されています。そのため、自ら学んで、自らを磨き、
成長し続ける人財を目指すことが人事理念に掲げられています。また、不動産事業を通じた地域の活性化を使命として掲げ、人の役に立ち必要とされる人財の育成に努めることをその教育理念に位置づけています。
大森商事のホームページには引っ越しに関するアドバイスが掲載されています。丁寧な説明でわかりやすく紹介されており、引っ越しを計画している人にとってもとても役立つ情報となっています。

この商事では、お客さまから信頼をしていただける会社になるために、行動指針が定められています。1点目は.時間と約束を守るということです。それが信用や信頼を築く上で大切だということが示されています。
2点目は、三方が最良になる行動を行うということです。3点目は、笑顔で楽しく仕事をするということです。4点目は自らを変化させて果敢に挑戦するということです。5点目は働く仲間やお客様、
そして協力業者、株主、家族、親、祖先に感謝するということです。6点目はどんな時も人として手本となる行動をするということです。そして、7点目は整理整頓を心掛けて、清潔な職場環境をつくるということです。

大きなビジョンをもちながら、常に足元もしっかりと見ているため、進む方向も明確になっています。基本的な視点がきちんと示されていて、社会貢献の視点もしっかりと取り入れられているので、
社員は何をどう行動したらいいのかが明確になっています。そのため、お客様のためにこれからどうすればいいのかという点を一人一人の社員が常に考えながら対応することができ、経営理念もしっかりとしている会社が大森商事であるといえます。