金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

経営方針について

鉄鋼に関する事業や非鉄であったり、金属の原料などに関する事業、それ以外にも食品関連などあらゆる事業展開をしているのが川中商事です。

川中商事が設立されたのは昭和22年ですから、60年以上もの間日本をはじめ、世界中で注目され続ける存在だったわけです。
資本金の金額も想像を絶する金額となっており、なんと456億円以上で、大阪本社は大阪市中央区にあり、東京本社は東京の築地に構えられています。
あらゆるところに営業所があることも魅力で、世界の主要都市にも拠点がしっかりと構えられています。
売上は1兆5000億円以上ですから、日本でも有数の企業だといっても過言ではありません。

そんな川中商事ですが、ここまで幅広い事業展開をして成功させることができたのには理由があります。

経営方針を見ると、そのヒントを見つけることができるでしょう。

まず心がけていることは、しっかりと法律を守ること、また法律だけではなくて社会規範を守ることも企業倫理規範に定められています。
川中商事の経営方針に、「社会的責任の遂行」というものがありますが、法律や社会的に守る必要があることをきちんと守ることによって、国際的な競争に勝利することができ、尚且つ日本国内でも売上を伸ばし、社会にも貢献することができます。

また利害関係者と誠実に付き合い、提供された資源についてもきちんとした方法で活用することも、川中商事が掲げている経営方針になります。

そして川中商事は顧客のことを第一に考えています。
その姿勢を知ることができるのは、経営方針に「存在感ある商社流通の追求」というものがあるからです。
これは結局のところ、顧客満足度を極限まで高めることを目的としています。

川中商事は今や日本を代表する企業で、超大手企業となりました。
ですから類似する多くの企業の経営方針と比較すると、そのレベルの高さを知ることができます。

経営方針を定めるだけではなくて、企業倫理規範や倫理行動基準も定めています。

定められたルールをきちんと守ったうえで企業活動を行い、環境や産業、顧客に最大限奉仕することも川中商事が掲げる目標にようです。

経営方針や企業倫理規範、倫理行動基準を見ると、その企業のレベルを把握することができるといいますが、川中商事のレベルはかなり高いようです。
ただ単に利益を追求するだけではなくて、様々なことを考えたうえで企業活動を行っているというのは好感が持てます。