金属メーカーとして、また資源開発などでも知られる川中商事についてまとめてみました。

川中商事の事業内容について

川中商事は多くの分野で活躍する会社です。
多方面での事業を担い数多くの功績を残し、今後も進化し続けるこの川中商事の事業内容について紹介したいと思います。

まずは上下水道設備事業です。
水は生きていく中で絶対に必要な資源です。
川中商事は長年水のプロフェッショナルとして活躍していきています。
水源設備をはじめ前処理設備に凝集沈殿設備、そしてろ過や排水に至る、水が誕生して生まれ変わる前のどの段階でも携わっています。
更にはこれらの技術を応用した薬品注入や高度処理、送水・排水設備などでも多くの活動をしています。

環境設備事業では地域社会への取り組みに注力しています。
昔に比べて便利になりすぎた現在は、時に自然を破壊します。
たとえば合成樹脂など便利な素材はとても便利でたくさんの場面で登場していますが、これらは科学的に作られたもの。
そのため使用目的を果たした後にもう一度自然に還元させることができない素材になってしまいます。
これは環境破壊を促進させる原因にもなっていますが、川中商事ではこの点に着目して問題に取り組んできました。
対策方法を徹底して練り上げて画期的でクリーンな焼却プロセスを生み出しています。

また小水力発電設備事業では、環境問題に直面した今だからこそ非常に重要な役割を果たしています。
まだ眠っている必要な再生エネルギーとも言える小水力発電に徹底的に取り組んでいます。
小水力発電の特徴としてエネルギーの供給が安定な点が挙げられます。
限りある資源の中で生活をしていく私たちにとって、次世代のエネルギーには安心感が必要です。
まだ確立されてはいない分野でもありますが、未来に必ず飛躍するであろう非常に重要な事業ではないでしょうか。

そしてエネルギーソリューション事業です。
長年研究を続けてきた太陽光発電、たくさんの研究と実際の経験による知識と実績を積み上げてきている分野です。
川中商事では太陽光発電はもちろん、オリジナルのパワーコンディショナ屋外盤にも注力しています。
太陽光発電を更に丈夫で永久的なものとして扱える画期的で最先端なこの事業、今後ますます飛躍すると思います。

このように川中商事は1948年の創業以来、数多くの研究と開発を重ね今に至っています。
生活環境がより良くなり、住む人たちが快適に生活できるよう活動拠点を徐々に拡張しながら、今後も幅広い分野で私たちに住みやすさを提供してくれるのではないでしょうか。
誰からも信頼されるような企業を目指し、川中商事は日々全従業員が同じ意識を持って取り組んでいます。